不景気な世の中・・・ 相場の世界は欲と恐怖がうずまく。。 でもそんなことお構いなし!! マイペースにFXを楽しむ。 一緒に為替で夢をみませんか??
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テクニカル手法、時間分析のススメ。
2010年01月17日 (日) | 編集 |
こんばんわー。
今日は週末なので、ドル円相場の話は置いておいて、チャート分析手法について書いていこうと思います。
内容は時間分析について。
以前にも部分的には少し書いたことではあるんですけど、今日はもうちょっとだけ詳しく書いてみようかなぁと。。

さっそくですが普通チャート分析をするとき、多くの方は縦軸(値段あるいはレート)を非常に気にしているのではないかと思います。
まぁ当たり前ですよね(^_^;)
いくらで買うとか、いくらにストップを置くと考えなければいけない以上、縦軸を無視するわけにはいきません。

でも横軸(時間)も結構大切です!!という持論を勝手に述べるためだけにこの記事を書き始めました(笑)
ぶっちゃけた話、縦軸を正確に分析できる方は横軸の分析は必要ないです。
それができるなら、指値を入れて放置しておけばいいだけのことですから(^_^;)
でも普通は無理ですよね、そんなこと(-_-;)
自分の予測どおりの値でぴたっと止まることのほうが少ないはずです。
ここで少しでも自分の分析の制度をあげるためにも、時間分析は非常に有効だとわたしは考えいます。
縦軸(値段)のほかに、視点を変えて横軸(時間)の分析も行う。
そしてその2つを総合して結論を出そうというわけです♪

わたしが用いている時間分析手法はおもに以下の3つです。
○黄金比
○一目均衡表の雲のねじれ
○新月・満月

1つ目の黄金比がわたしの分析手法のメインになります。
簡単に言えば、仮に上昇トレンドのときは上昇期間:下落期間=2:1(あるいは1.618:1など)になりやすいというものです。
一目均衡表の時間論や、サイクル論の考え方を自分なりに勉強して、このやり方が一番簡単で実用的だと判断して使っています。
日足ではもちろん、1時間足でも頻繁に使っています♪

2つ目は雲のねじれ。
これも時間軸に関係なく使えるものだと思っています。
雲のねじれがある時間帯は、相場の転換あるいはトレンドの加速が起こりやすいというものですね。
1つ目の黄金比はどうしても主観が入りますが、雲のねじれは客観的。
また多くの人が見ているので、注意しておくと良いと思います☆

3つ目は新月・満月。
不思議な話ですが、新月や満月の日は相場の転換が起こりやすいようです。
新月・満月の日はネットで検索すると一覧表のようなものが見つかると思います。
わたしはたまになんとなく夜空を眺めて、そろそろ満月だし、ぼちぼち今のトレンドも終わりかなぁ・・・とか考えてます♪
あまり過信はできませんが、意外とあたってる気がしています。


時間分析に関する書籍やサイトは正直多くはないと思います。
そもそも分析手法も少なめかと。
わたしが思いつくものをあげていくと・・・一目均衡表の時間論、フィボナッチタイムゾーン、メリマンサイクル、エリオット波動理論(?)、金融占星術・・・くらいでしょうか。
もちろんわたしが知らないだけで、他にもいろいろあると思いますが(^_^;)

わたしもまだまだ勉強不足で十分に使いこなせていませんが、手ごたえは感じています。
時間分析に関する書籍がたくさんあったら勉強しやすいんですけど、なかなかないのが辛いところです(-_-;)
いろいろ試して独学で身につけていくしかないかな。
勉強あるのみですね!
時間分析の手法をお持ちの方、あるいは参考になる書籍やサイトをご存知の方がいましたら、コメント欄やメッセージでアドバイスしていただけたら大喜びします(^^♪

少しでも参考になったと感じてくださった方、ぜひ応援のほうお願いします♪
にほんブログ村 為替ブログ ドル円へ
にほんブログ村
参考になるブログがたくさん、必見です☆

以上、深夜の独り言記事でした(笑)
読んでいただきありがとうございました♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。